[HOME]
 [会社概要] [会社沿革]
 
 
 
 
明治14年 3月 初代、今中仙次郎が和漢薬並びに工業薬品商として、大阪市東区道修町1丁目で個人創業。(現中央区)
昭和23年 3月 株式会社今中商店を設立。
今中俊太郎初代社長に就任。
昭和29年 9月 東京営業所を開設。ロジンその他天然樹脂中心から合成樹脂、乳製品など、取扱商品を拡大。
昭和34年10月 今中半三郎2代目社長に就任。
昭和36年12月 名古屋営業所を開設。
昭和38年 3月 商号を株式会社今中商店から今中株式会社に変更。
化学品の国内販売、輸出取扱いを開始。(株)日立製作所の家電品、電動工具類の輸出取扱いを開始。
昭和39年 9月 東京営業所を東京都千代田区九段南4−8−25に移転し、支店に昇格。
昭和41年 1月 大阪支店を設置。
昭和44年 1月 本社、大阪支店を大阪市北区末広町17番地へ移転。
昭和44年 4月 木材、パーチクルボードの取扱いを開始。
昭和45年10月 名古屋営業所を支店に昇格。
昭和46年 4月 製菓材料用乳製品の輸入取扱いを開始。
昭和47年 4月 農産物、集成材の取扱いを開始。
昭和47年 9月 東京支店を東京都千代田区神田駿河台1丁目6番地へ移転。
昭和48年 8月 名古屋支店を名古屋市中区錦1丁目3番4号へ移転。
昭和48年10月 畜産物、卵製品の輸入取扱いを開始。
昭和53年 2月 本社を大阪本社、東京支店を東京本社に、それぞれ呼称を変更。住居表示実施により、大阪本社、大阪支店の住所が大阪市北区末広町3番21号に変更。
昭和53年 8月 構造用芯材、集成柱(天山)の総発売元となる。
昭和56年 4月 電子材料の取扱いを開始。
昭和58年12月 グレープフルーツ、レモンの輸入取扱いを開始。
昭和59年 9月 創業の地に貸事務所ビル「道修町ビル」を竣工。
昭和62年12月 今中修一3代目社長に就任。
平成 3年10月 シンガポール支店を開設。
平成 6年 5月 シンガポール支店 を IMANAKA(SINGAPORE)PTE., LTD.に改組。
平成 7年11月 柑橘缶詰の協同事業をメキシコで開始。
平成 8年 9月 大阪本社、大阪支店を創業の地大阪市中央区道修町1丁目4番8号道修町ビルへ移転。
平成11年 3月 野菜加工食品の協同事業をニュージーランドで開始。
平成13年 4月 今中修一 取締役会長に就任。
小林昭   取締役社長に就任。
平成14年 7月 東京本社を東京都千代田区五番町12番1号
番町会館5階へ移転。
平成14年10月 オーストラリア メルボルンに粉乳調製品製造会社
Australian Dairy Blends Pty Ltd.を設立。
平成16年 3月 中国上海市に駐在員事務所を開設。
平成18年12月 小林昭   取締役会長に就任。
今中俊平 取締役社長に就任。
平成19年 5月 中国上海事務所 を IMANAKA(SHANGHAI) CO., LTD.に改組。
平成19年 7月 IMANAKA(THAILAND) CO., LTD. を設立。
平成 19年 12月 名古屋支店を名古屋市中区栄2丁目3番1号 名古屋広小路ビルヂング7階へ移転。
平成 20年 4月 IMANAKA(SINGAPORE)PTE., LTD. を移転。
平成 22年 8月 ニュージーランドに農産品製造加工会社
CEDENCO FOODS NEW ZEALAND.LTD.を設立。
平成 27年 8月 ニュージーランドに水産品製造加工会社
CEDENCO AQUACULTURE.LTD.を設立。
平成 29年 1月 ベトナムホーチミンに
IMANAKA(VIETNAM)CO.,LTD.を設立。
平成 29年 12月 CEDENCO DAIRY, LTD.を設立し、オーガニック中心の
乳製品製造会社Waiu Dairy LP に出資。
平成 30年 4月 ニュージーランドにて果汁製造事業を買収。
平成 30年 7月 ニュージーランドのサイダー製造会社Zeffer社に出資。
令和 元年 4月 国内商社の太洋薬品株式会社を買収。
令和 元年 5月 クラフトビールメーカーの株式会社羽田麦酒を買収。
令和 元年 12月 東京都千代田区九段北にクラフトビール&イタリアン
レストラン「Brew Lounge 市ヶ谷」をオープン。
 
 
 
 
  トップページ ごあいさつ 会社概要 事業内容
採用情報   ニュース  お問い合わせ
 

Copyright:(C) 2005 Imanaka ltd. All Rights Reserved.